やり方 ブログ レビュー

やっぱ強えぇ…衣類スチーマーが便利すぎてもう手放せない「パナソニックNI-FS530」

完全に新しい扉を開いた。

スポンサーリンク

古典的なアイロンも好き。でも・・・

アイロン。僕が普段使っているのはコレ。

IMG_8431

パナソニックの超シンプルアイロン「NI-A66-K

古典的なデザインが好きなのと、そして何より無駄な機能が一切付いていない、超無機質な感じが気に入って使ってます。

布との接地面に変な凸凹や穴ぼこは一切なく、真っ平ら。

IMG_8432

趣味でたまに服などを作ります。
接着芯などを貼る際には圧倒的にこの方が便利です。

当然スチーム機能も一切なし。

どうしても頑固なシワがある時は、

IMG_8434

霧吹き。コレまたアナログ。

僕はアイロンがけが大好き。
そのため、アイロンには相当こだわりを持っている方です。

しかし、うちはまだ引越したて。

アイロンだけは持ってきたが、実はまだアイロン台が無い。

IMG_8336

狭い部屋。正直アイロン台は収納に場所を取るし、できることなら置きたくない。

そこで、ついに衣類スチーマーに手を出すことにしました。

こちら、

IMG_8326
IMG_8327

パナソニックの「衣類スチーマー(NI-FS530-DA)

コレさえあれば、アイロン台が入りません。

IMG_8330
IMG_8331

水を入れて、電源をオンにして、上部にあるライトの点滅がおさまったら使い時。

IMG_8437
IMG_8463
IMG_8438

シャツぐらい薄い素材ならシワぐらい伸ばせて当たり前。
今回はあからさまにしわくちゃなデニムパンツを用意。

IMG_8443

ハンガーに掛かってる状態です。
どうでもいいけど全部青いね。

使う時は取っ手についてるスイッチを押しっぱなしにする。
服はハンガーなどに掛けた状態で、袖や裾などアイロンを掛ける箇所を手で引っ張りながらあてがう感じ。

IMG_8442
IMG_8446

ズーーーーっとスチームが出ているわけではなくて、
シュッ!シュッ!シュッ!とリズミカルに蒸気が出てくる感じです。

手に若干のバイブレーションを感じます。

IMG_8452

ぜんぜん違うね!
機能十分!まるで消しゴムのようにしわが消えます。完全に新しい扉を開きました。

IMG_8464

メリット&デメリット

メリット

メリットとしてはやはり、手軽にアイロンが掛けられること。
Tシャツ1枚にいちいちアイロン台用意する手間考えたら、超が付くほど便利であることは間違いありません。部分的なシワに対しても超便利です。

あとはポケット周りなどアイロン掛けしにくいところのシワも伸ばせるという点。

ドデカい高機能なアイロンを持っている人ほど、細かい所のアイロン掛けはテクニックが入ります。そんな時にもこのスチーマーがあればコレまた超便利です。

デメリット

デメリットとしては、やはり多少のパワー不足は否めません。
一応このアイロンは普通のアイロンとしても使用も可能ですが、温度調節ができません。裾やプリーツ等のようにペタッとさせることはどうしても苦手な印象で、また、コートなどあまり分厚い素材だとかえって手間がかかります。

服の種類が多い方にはあくまでサブ機としての使用になるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

IMG_8467

総合的には本当に大満足です。
前日の夜とかに「明日はあの服着ていこう」とか考えて寝て、いざ次の日の朝にその服を出してみたらしわくちゃで、やっぱり諦めて違う服を着る、みたいなことも多かった私ですが、このスチーマーさえあればそんな事もなくなります。

また、今回紹介した「NI-FS530-DA」ですが、実は最新機種ではありません。今日は2018年の4月10日ですが、実は2018年4月20日に後継機NI-FS540が発売されます。

しかし、その最新機種は「3倍パワフルスチーム」機能が追加された程度で、正直スペック的にはそう大きな違いがない上、価格が大きく上がるため、コスパを考えて僕は今回紹介した衣類スチーマー(NI-FS530-DA)を買いました。

常に若干の進化を続けているパナソニックの衣類スチーマーですが、用途に合わせて自分に合った物を選べばきっと満足できると思います!

みなさんも気になった方はチェックしてみてはいかがでしょうか!

では!

-やり方, ブログ, レビュー