ブログ レビュー 文房具

デザインがかわいい!小さくてもパワフルなホッチキス「カラーギミック」が優秀。

この前、文房具店に行った時に見つけて買った文房具があまりにおしゃれでかわいかったので、今回はそれをご紹介させてくれさい。

スポンサーリンク

オサレ文房具はテンションが上がる

今回紹介したいのは3品です。

そんなお高い買いものでもないので、あっさり1記事で3つとも紹介しようかと思ったのですが、思いのほか文字数が多くなってしまいそうだったので、「前編」「中編」「後編」と記事を分けさせていただきます。

コナンくん的なじらし方してすんません。

そんなわけで、まずはこれ、

img_7014
img_69882

マックス社のホッチキスカラーギミック

デザインが好みで衝動買いしてしまいました。
どうやら第25回日本文具大賞のデザイン部門で優秀賞もとっているようです。

img_69892

サイズ感はホッチキスと言うよりかは、まるでUSBメモリのようです。
ペンケースなどに入れておいてもそこまで邪魔になることは無いでしょう。試しに消しゴムと比べてみるとこんな感じ、

img_69902

使い古して「MONO」の文字が「MO」になるくらい、ちっちゃくなった消しゴムと比べてこのサイズ感ですから、それはそれは小さいです。

今回買ったこの色は、表記によるとライトグリーン。他にもピンクとブルーもありました。

文房具がおしゃれだと作業のモチベーションが上がるので、それも立派な一つの機能だと思います。

その色が付いてる丸い部分はボタンになっていて、使うときはこうして、

img_69912
img_6992%ef%bc%92

本体を開いてからカチッとボタンをスライドして本気モードにします。
使わないときはその逆の手順でたたみます。

img_70122

いい感じです。

お尻の部分にはちゃんとリムーバも付いてますので、誤ってホッチキッちゃっても安心です。

img_6995

ホッチキッてみよう!

どのくらいの厚さまでの書類ならホッチキれるのかちょっと実験してみましょう。

img_6996

まずはコピー用紙5枚をカチッと、

img_6997
img_6998

余裕です。なめすぎてました。
彼も気持ち唖然とした表情でこちらを見つめています。

img_701522

このホッチキスに必要な針はマックス針(No.10-1M)という針の用で、そのとじ枚数は10枚と言うことです。

そんなわけで10枚ちゃんと閉じれるか試してみます。

img_7001
img_7003
img_7004

余裕です。ですよね。

小指の爪でも切ってるのかと思いました。そんな感触です。

20枚でもいけんじゃないか?
せっかくなのでちょっとやってみましょうよ。

img_7005
img_7006
img_7007

行けた。なんかまだまだ行けそうな感じがする。

もう倍で行ってみよう。

40枚。

img_7008
img_7010
img_7011

出来てるっちゃできてますが、これはもう、ホッチキス側の問題ではなくて、針側の問題ですね。

ただ針が短いだけで貫通はしているようで、ホッチキスそれ自体は小柄ながら非常にパワフルであるということが分かりました。

今回は実験的にどっさりいってみましたが、さりとてホッチキスの性能を十分に発揮するには、10枚程度が目安のようです。

スポンサーリンク

まとめ

img_7016

そんなわけでオサレホッチキスの紹介でした。

家に常備しておくメインホッチキスとしては、物足りないような気もしないでもないですが、携帯用としては十分すぎるぐらいに働いてくれること間違いなしです。

そんなわけで気になった方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか!

では!

-ブログ, レビュー, 文房具