スケボー ブログ レビュー

何気に買った「指スケ」のクオリティーが、予想以上に高かった。

スケートボードのイメージトレーニングにも使われるフィンガーボードですが、昨今ではそれ単体でも十分な奥深さを発揮できる遊びへと進化しています。そして今回アマゾンで買ったものが予想以上にクオリティが高かったので、今回はそちらをご紹介します。

スポンサーリンク

小さいけれども本格的

これがそのフィンガーボード、通称「指スケ」です。

img_6382

海外製のようで裏面の説明書きは全て英語。

img_6383

組み立て方が書いてあるようですが、そこまで複雑な構造ではないですし、イラスト付きなので、組み立て方が分からないとはならないでしょう。

もし分からない場合はこのブログを参考にしてくださいな。

にしても見てくださいよこれ!

img_6384

ご丁寧にケース付きですよ!
この時点でコスパ抜群でしょこれ、600円ちょいですよ?

確かに細かい部品が多いからあると助かりますよね。

詳しく見ていくとデッキは木製で、グリップテープは薄いスポンジで出来ています。

img_6385

そのデッキは、写真じゃちょっと分かりづらいけど裏だけツヤがあります。

img_6387

器用な方は、なんかペイントしちゃうのもありでしょうね。

その他の部品も細かくしっかり作られていて、トラックもちゃんと動きます。

img_6389

(半透明の板はケースの仕切りです。)

いろんな部品がめちゃめちゃリアル、
正直ここまで期待していませんでした。

それでは早速組み立ててみましょう!

組み立て方

部品は細かいから無くさないように扱いには十分注意しましょう。

まずは付属の工具でビスをそれぞれ4箇所、計8箇所締めてトラックをボードに固定、

img_6460-1
img_6392
img_6391

そしてウィールをセットしナットで固定。
ウィールはくぼみがある方が外側です。

img_6393
img_6396
img_6397

ビスとナット、それぞれ1つづつ予備が入っていました、ありがとうございます。

img_6447

そしてグリップテープをペタッと。

img_6402
img_6404

若干粘着力が弱いかな、
でもサイズはピッタリ。

img_6407

スポンジは柔らかく貼る時に延びやすいので、両端を合わせてから中心を貼っていくと貼りやすいです。

ってことで完成です!

img_6412

デッキは緩やかにカーブを描いています。

img_6462

またブッシュの調整も出来ます。

img_6463

調節方法はデカいスケボーと全く一緒で、
緩めるとデッキが左右にぐらんぐらん、
逆にキツく閉めるとデッキがブレずに安定します。

気になるところを挙げるとすれば、小さいだけに繊細なのか、ちゃんと調節してあげないとウィールが微妙に浮いてしまいます。

img_6466

組み立てに問題があったのか分かりませんが、気になるところと言えばそのくらいです。

img_6412

にしてもかなり完成度高いですよこれ!気に入りました!

スポンサーリンク

まとめ

img_6448

僕は実際にフィンガーボードでオーリーやキックフリップなどを出来ないので、トリックのやり易さなどそこら辺のレビューは出来ませんが、飾っておくだけでもとってもリアルで、満足感は高いです。

とはいえせっかくの指スケなんで、これから練習してみようとも思います!

気になった方はチェックしてみてくださいね!

では!



↓↓↓そんなあなたにおっすすめ↓↓↓

Amazonで買えるペニーボードは本物か?偽物か!?

-スケボー, ブログ, レビュー