やり方 ブログ

【超簡単】小物入れで作るピンクッションの作り方!

これこれ、

img_7232
img_7233

サイズ感がいまいち微妙で、何に使っていいか悩んでいたバリ土産の「小さな箱」ですが、前回ピンクッションにしたらちょうど良さそうじゃね?っとひらめきました。

そこで今回はその制作の模様をお届けいたします。

全く同じ代物で作ることは難しいと思いますが、制作のご参考になればと思います。

スポンサーリンク

型紙の作図

まずこの箱の内寸は、

よこ 88mm
たて 45mm
深さ 30mm

です。

img_6942

形は出来るだけ縫製カ所を少なくするために、袋状に作ります。
箱の包装をイメージすると分かりやすいかと思います。

そして制作した作図がこちら。

pink-3

作図の順番は赤→黄→緑→青→紫

わかりやすく部分ごとに色を付けてあります。

1) まず針の刺さる表面を縦×横の寸法で書いていきますが、今回作るのは「クッション」なので、2mm程度一回り小さい寸法(86×43)で作図して、作ったときにドンピシャで中に収まるようなサイズ感にします。

2) そしてその上下に前後面(今回は厚さ25mm)をとって、そしてまた上下に表面の縦寸法-10mmをとります。緑色の部分が底面で、少し暗くなっている部分は重なるところ。

3) 今度はその横に厚さ(25mm)/2=12.5mmの寸法と、縫い代を5mmとります。

4) それぞれ底面の重なる部分と前後面1/2のところにノッチをつければ、これで作図及びパターンは完成です。

裁断・縫製

必要なもの

小物入れ、羊毛(ウール100%)、布(ブロード等)、糸

img_7241

型紙を作ったら布を裁断しましょう。
今回はふわっと作りたいので、バイアスで作ることにします。

img_7194

こちらがその裁断した布。
まずは前後面のノッチを参考にして布を折り畳んで、正しい位置で重なり合っていることを確認してから、5mmで縫います。

img_7196
img_7197

もちろん手縫いでもいいです。
両端を縫ったら、

img_7198

角の部分を三角に折り畳んで、12.5mmで縫います。

img_7199
img_7200
img_7202

4カ所縫ったらもう終わり。
三角の部分は5mm程度残して裁断してしまっても大丈夫です。

ひっくり返すと見事に立方体。

img_7212

そしたらお次は中に羊毛を入れていきます。

img_7204

ちなみに羊毛がない場合は、毛100%の毛糸の切り刻んだものや、コーヒーを入れ終わった後のかすなどでもいいようです。

羊毛や毛糸の場合は「毛100%」なのが重要で、針の錆を防ぎ、長持ちさせることが出来ます。

img_7234

長く一続きになっている場合は細かく切って、毛をほどくように混ぜ合わせると、

img_7215
img_7214

ご覧の通りふわっふわ〜になって隙間無く羊毛を詰めることが出来ます。

ヘイお待ち!

img_7216

出来ました!
まるでいなり寿司のような形とサイズ。
早速バリボックスに収納してみましょう!

完成!サイズはどうか・・・

img_7220
img_7221

ピタッ

img_7222
img_7223

ドンピシャ!!
ピンをさしてみても・・・

img_7225
img_7224

高さもちょうど!
思った通りでいい出来だと思います!!

蓋もついているので、とっても安全。
エスニックな小物入れが、立派なピンクッションに変身することができました!!!!

img_7230
img_7231

「いいじゃないの」

スポンサーリンク

まとめ

今回のように、小さくて何に使っていいかわからないような、微妙のサイズの小物入れって、探せば結構あったりします。

デザインはかわいいから何かに使ってあげたい!って方は是非、今回の記事を参考にして、ピンクションとして使ってあげてみてはいかがでしょうか!

では!



↓↓↓そんなあなたに読んでほしい記事↓↓↓

【愛用品紹介】あると便利なハンドメイド用品まとめ

-やり方, ブログ